大阪市西区/ 建設業許可・産業廃棄物許可・運送許可・介護事業・遺言相続・各種許認可のことなら橋本事務所にお任せください。

開業20年・信頼と実績の

橋本行政書士事務所

    〒550-0005
大阪市西区西本町1-8-2 三晃ビル407号

お問合せはお気軽にどうぞ

06-6543-7727

産業廃棄物許可

産業廃棄物許可でお困りではございませんか?
当事務所では、このようなご相談をいただいております。

  • 産業廃棄物の許可要件を満たすため何から準備すればよいか?
  • 最小限の投資で許可を取得できる方法はありますか? 
  • 産業廃棄物の積替保管、中間処分業の許可を取得したい。 
  • 許可要件を満たせるよう計画の段階から住民説明会など総合的にサポートして欲しい。 
  • すぐに許可取得が必要になった!急いでいるのですぐに対応して欲しい。
  • 今後の事業展開も含めてトータルに相談に乗って欲しい。  など

産業廃棄物に関する許可のご相談、また運搬業・処分業の運営上でのご相談は、お気軽にどうぞ。ご相談・見積は無料です。⇒お問合せ

~参考~ 当事務所の報酬額について(消費税・実費は別途)
・産業廃棄物収集運搬業許可(積替え保管なし) 1行政 90,000円~
・積替え保管あり…計画場所や取扱う品目によって異なります。個別相談要
・中間処分業………計画場所や取扱う品目によって異なります。個別相談要

くわしい報酬額表はこちら

産業廃棄物許可の区分

〇 産業廃棄物収集運搬業
(積替え又は保管を含まない) 

排出源から集めた廃棄物を、中間処理施設又は最終処分先等に直接運ぶこと。 許可のある積替え・保管施設以外での廃棄物の車両等から車両等への積替えや一時的な 保管、廃棄物を積んだ車両等を日付を超えて止めておく行為をすることはできません。

〇 産業廃棄物収集運搬業
(積替え又は保管を含む)

収集した廃棄物を積替え・保管施設において積替え・保管し、中間処理施設又は最終処分先 等に運ぶこと。

〇 中間処分業
焼却・破砕・中和等により、減量化、安定化すること。 特別管理産業廃棄物については、無害化、安定化し、特別管理産業廃棄物でなくすること。

〇 最終処分
埋立てにより廃棄物を自然界に還元すること。 

産業廃棄物許可の種類とは?

「廃棄物」とは ?
廃棄物とは、「ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死 体その他の汚物又は不要物であって、固形状又は液状のもの(放射性物質及びこれによって汚 染された物を除く。※)」です。 ※一部例外あり。

「産業廃棄物」とは ?
産業廃棄物とは、事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥など。
詳しくはこちら ・業種が特定される産業廃棄物とは?

「特別管理産業廃棄物」とは ?
特別管理産業廃棄物とは、産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境 に係る被害を生ずるおそれがある性状を有するものです。 
詳しくはこちら

産業廃棄物収集運搬業

他人から委託を受けて、産業廃棄物の運搬を業として行う場合は、その業を行う区域を管轄する都道府県知事や政令市長の許可を受けなければなりません。
「積替え保管なし」は直送の許可です。
産業廃棄物収集運搬業については、産業廃棄物を「積む」場所(排出場所)、「下ろす」場所、
それぞれについて許可を取得しておく必要があります。
(例)
「積む」場所         「下ろす」場所

 大阪府    ⇒     滋賀県    =  大阪府と滋賀県の許可が必要
※大阪府から滋賀県へ運ぶ途中に通過する京都府などは、産業廃棄物を積み下ろしを
しないため、許可は必要ありません。

積替え保管施設以外での廃棄物の車両等から車両等への積替えや、一時的な保管、廃棄物を積んだ車両等を日付を超えて止めておく行為は違法となり「積替え・保管」の許可が必要となります。

産業廃棄物中間処理業

中間処理とは、廃棄物の形状や性状に変更を加えることを言います。
廃棄物を適正に処理することで、再利用可能なものはリサイクルできるように選別したり、廃棄物を破砕や焼却によって量を少なくしたり、最終処分やリサイクルをしやすくするための必要不可欠なプロセスです。

(例)中間処理の種類
「焼却」 「破砕」 「脱水」 「中和」 「溶融」 等

焼却・・・廃棄物を焼却して燃え殻にすることで減量化を行う。
破砕・・・廃棄物を破砕機等で砕いて減容化を行う。
脱水・・・汚泥などから水分を取り除く。
中和・・・廃酸や廃アルカリなどを安定化したり、無害化にする。
溶融・・・燃え殻などを高温で溶かす。

第14条、第15条の許可とは?

産業廃棄物処理業を行うためには「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第14条の許可のほかに第15条の許可が関係してきます。

第14条許可・・・産業廃棄物処分業を行う場合、必ず必要になる許可のことです。
第15条許可・・・施設が一定の種類や一定の規模の場合に必要となる許可です。
        「設置許可」と呼ばれたりします。

この要件にかかると第14条の許可を申請する前に、設置許可を取得しなければなりません。

産業廃棄物許可の要件

※収集運搬業(積替え保管を含まない)の許可要件を掲載しています。

施設に関する基準

必要な施設(運搬車・運搬容器等)を有する必要があります。 
〇産業廃棄物収集運搬業の場合
 産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運搬容器その他の運搬施設を有すること。

〇特別管理産業廃棄物収集運搬業の場合 
・特別管理産業廃棄物が飛散し、及び流出し、並びに悪臭が漏れるおそれのない運搬車、運
 搬容器その他の運搬施設を有すること。
・廃油、廃酸又は廃アルカリの収集又は運搬を業として行う場合には、当該廃油、廃酸 又は廃
 アルカリの性状に応じ、腐食を防止するための措置を講じる等当該廃油、廃酸又 は廃アルカ
 リの運搬に適する運搬施設を有すること。
・ 感染性産業廃棄物の収集又は運搬を業として行う場合には、当該感染性産業廃棄物の運搬に
 適する保冷車その他の運搬施設を有すること。
・その他の特別管理産業廃棄物の収集又は運搬を業として行う場合には、その収集又は運搬を
 行おうとする特別管理産業廃棄物の種類に応じ、当該特別管理産業廃棄物の収集 又は運搬に
 適する運搬施設を有すること。

産業廃棄物の性状、形状、量に応じた施設(車両及び容器)が必要です。
ダンプトラック、吸引車等の車両、ドラム缶、フレキシブルコンテナバック等の容器など
感染性産 業廃棄物は専用密閉容器と保冷車や密閉車両などが必要となります。
また、車両等の使用権限にも注意が必要です。 

講習会の受講

許可申請までに講習会を修了等していることが必要です。

〇申請者が法人の場合… 代表者又は産業廃棄物の処理に関する業務を行う役員もしくは業を行おうとする区域に所在する事業場の代表者。

〇申請者が個人の場合… 当該者又は業を行おうとする区域に所在する事業場の代表者

許可申請書に講習会修了証の写しをつけなければなりません。余裕を持って申請するためにもお早目に講習会受講しておくことをおすすめします。
【講習会の問合せ先】 公益社団法人 大阪府産業廃棄物協会(TEL 06-6943-4016)

経理的基礎

産業廃棄物の収集運搬を的確に、かつ、継続して行うに足りる経理的基 礎を有することが必要です。 つまり、「少なくとも債務超過の状態でなく、かつ持続的な経営の見込み又は経営の改善の見込み がある」ことが求められています。
申請には直近3期分の決算書を提出することになり、経理的基礎の有無を判断されます。
債務超過の状態である場合については、事業計画書などの追加資料を準備する必要が生じます。

「債務超過だから…と諦めずに一度ご相談ください。」

欠格要件

申請者
・法人の役員(監査役、相談役、顧問も含みます)
・株主又は出資者
・政令で定める使用人

が欠格事由に該当しないことが必要です。
許可後においても欠格事由に該当した場合、当該許可の取消しなどの処分がなされます。 

産業廃棄物許可のことでお困りはございませんか?

どうぞお気軽にご相談ください。無料相談受付中!

産業廃棄物許可に関するお手続は、以下のことも取り扱っております。お気軽にお問合せください。

・許可取得に関するご相談
 (収集運搬業・積替保管・中間処分業)
・更新、各種変更手続
・事業範囲変更許可申請
 (積替保管なし⇒積替保管あり 等)

 

その他、産業廃棄物許可に関する記事

お問合せ先はこちら

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら(無料相談実施中!)
橋本行政書士事務所

06-6543-7727

営業時間:9:00~19:00

アクセス

06-6543-7727

事務所所在地

〒550-0005
大阪市西区西本町1-8-2
三晃ビル407号

地下鉄本町駅㉔㉗⑲出口より
徒歩1分

お気軽にご相談ください。

詳細はこちら

SALVIAマリッジカウンセリング

事実婚・再婚・夫婦関係修復のための結婚契約書Salvia
離婚・夫婦関係カウンセリング
http://salvia.hasimoto-office.jp/

ホームページはこちら